衣替え 断捨離

衣替えの時期は洋服の断捨離を行う絶好のタイミング

いよいよ秋の風を感じる今日この頃、いかがお過ごしですか?
そろそろ衣替えをしようかな、と思ってる人も多いかもしれませんね。

 

「衣替え」と言えば、私立の学校などでは衣替えの日をきちんとカレンダー上に表記し、夏・冬の制服を替えるべきタイミングとしている所も多いですが、それ以前に、日本では「袷から単衣にする日」「本日から浴衣解禁」などと、きちんきちんと着物の替え時を全国的に決めていたものでした。

 

収納ケースにしまっていた春物

 

一般的なご家庭では、そこまでスケジュール通りに実行を強制されているわけではありませんが、やはり衣替えというのは大切なイベントでもあります。季節にあわせた衣類を身に着けるのは体温の調節という観点から、健康にとってもとても大切なことです。また、今まで着ていた衣類を見直し、ほつれを修繕したり、クリーニングに持って行ったりと、適したメンテナンスを行うべきタイミングとも言えます。

 

ですが、所有物の多い現代人にとっては、冬物と春物の入れ替えだけでも相当に面倒な作業になってしまうのではないでしょうか?

 

着道楽でこういった作業が全く苦にならない人を除いては、衣替えとは何となく「面倒くさいなあ…」「早くやらなくちゃ…」と気が重くなるものですよね。

 

 

衣替えのわずらわしさを解消するには?

 

では、こういった衣替えのわずらわしさを解消ためにはどうすれば良いでしょうか?

 

下手に衣装ボックスを何個も購入して細かく分類したり、整理・収納するのではなく、

 

断捨離と書かれたメモ

 

まずは思い切って断捨離して、衣類の総数を減らしてしまう事をオススメします。

 

断捨離と言う風潮が定着してきましたが、所有するものが少ない方が、暮らしがスムーズになるという考え方には私も賛成です。むしろ、衣替えの時期が近づいてきたら、「いらない洋服を処分する断捨離のチャンス」としてとらえ、次のシーズンに向けて収納スペースをすっきりさせていくイベントにしてみてはいかがでしょうか?

 

 

面倒な衣替えが、断捨離に目覚めたきっかけ

 

実は私がはじめて洋服の断捨離を行ったのは、今から4年前になります。当時働いていた職場は私服でしたが、デスクワークだったこともあり、ラフな格好で良かったのでそれほど洋服にはこだわっていませんでした。

 

それでも毎年春と秋に衣替えをするのが面倒で、何とかそれを解決できないかと思っていました。そのような時に書店でたまたま断捨離の本を見つけたのです。パラパラと目を通してみると、「断捨離を行うと運気が上がる」というようなことが書かれていて、その言葉に惹かれた私はさっそくその本を購入し、自分でも断捨離を行ってみることにしました。

 

洋服の断捨離を行う前は、それほど洋服も買っていないし、処分するものは少ないだろうと思っていました。しかし、いざ全ての洋服を部屋の真ん中に出して見ると、予想以上の洋服の量の多さに驚いてしまいました。

 

断捨離の床に並べた洋服

 

それから洋服を一つずつ整理していったのですが、この時の断捨離の判断基準は、

 

  • 今着ているものと、今後も着て行きたいものは残す
  • 残りは処分する

 

という、いたってシンプルな考え方で行いました。

 

すると、最終的に残った洋服は元の量の3分の1程度になりました。今まで面倒に感じていた衣替えですが、本当に必要な洋服だけを残したことで、全ての洋服がロッカーやタンスに収まったのです。

 

 

不要になった洋服はリサイクルショップと宅配買取を活用して売る

 

こうして断捨離を行ったおかげで長年の衣替えの煩わしさから解放され、とても嬉しい気持ちになったことを覚えていま。同時に不要な洋服が全体の3分の2もあったことに大変驚きました。

 

次に、それら不要になった洋服の中からまだ着られそうなものだけを選んで、早速近所のリサイクルショップへ持っていきました。

 

リサイクルショップに持ち込んで不要な洋服を買取

 

査定してもらった結果、洋服はブランド物など価値のあるもの以外はあまり良い買い取り価格にはなりませんでした。それでも自分では不要な洋服が誰かの役に立つのなら、その方が良いと思いました。

 

ちなみに当時は知らなかったのですが、今は古着comやブランディアなど洋服の宅配買取サービスが色々あるので、そういったものを利用すれば手間もかからず売ることができますよね。あるいは、多少の手間がかかっても構わないという人であれば、メルカリなどのフリマアプリやヤフオクなどでのネットオークションで不要になった服を売る方法も良いと思います。

 

 

私の場合は売り物にならない洋服は寄付することにしました。また、寄付すらできない汚れや洋服は解体して、雑巾にしたり、ボタンやファスナーを取っておき、生地は燃えるゴミに出しました。

 

あれから4年が経ちますが、今年再び断捨離を行い、さらに洋服は少なくなりました。そして処分した洋服が多い分必要な洋服がなくなってきたので、必要な分だけ洋服を買い足しました。

 

そんな感じで手持ちの洋服の数は少なくなりましたが、全く不自由なく生活できていますし、洋服の収納にも困らなくなりました。今思えば、本当にあの衣替えのタイミングで断捨離をやって良かったと思います。

 

衣替えどうしてます?【20代〜50代の女性に聞いてみました】

さて、”衣替えのコツは断捨離から”という話をしてきましたが、住んでいる地域や家族構成、家庭の事情などによって「衣替え」といってもいろんなケースがありますよね。

 

ここでは、皆さんの参考になるように、いろんな方に「衣替え」をテーマに書いてもらった内容についてご紹介したいと思います。上手に衣替えをされている方や、洋服の収納術など、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

思い出を残して今を捨てる断捨離(20代後半女性、静岡県)

 

もうずいぶんと涼しくなってきましたね。
うちのリビングは日中すこし蒸し暑いのですが、それ以外はエアコンが無くても快適に過ごせるようになってきました。

 

そうなってくると、やらなくてはならないことがありますね。そう、衣替えです。
これ、意外と大変なんですよね。

 

タンスにぎっしり詰まったTシャツなどの衣類

 

私はどうもTシャツが好きで、夏になるといろいろなブランドのTシャツをついいくつも買ってしまうのです。だから毎回この時期の衣替えは、Tシャツの山に悩まされてしまいます。

 

そしてもっと困ったことには、これまで購入してきた歴代の洋服たちをなかなか捨てられない、ということです。人によって違うと思いますが、私の場合は洋服=モノに執着するというよりも、思い出に固執してしまう、という感じです。

 

もう社会人で絶対着られるはずもないのに、いまだに中学生の頃の洋服を捨てずにとっておいたりします。

 

やっぱり、それぞれ一つ一つの洋服に思い出があるんですよね。初めてお小遣いで買った洋服だったり、旅行に行った時お母さんにしぶしぶながら買ってもらったもの、とか。

 

その点、社会人になってから自分の給料で買ったけれど、もうこれ着ないかな、というものは容赦無く捨てます。その中にはまだ4〜5回ほどしか着ていない服なども往々にしてありますが、なぜかそれほど未練はありません。

 

その結果、次の年には、着る服がなくなっていて、またショップに赴いて買い足さなければならない、というようなことも少なくはありませんが...

 

とは言え、衣替えは服の断捨離を行うには絶好のタイミングとも言えます。みなさんはどういった基準で断捨離をしているのでしょうか?私のように、昔買った洋服をなかなか捨てられない人もいるのではないでしょうか。

 

とは言っても、捨てられない、ばかり言っていても衣替えが一向に進みませんから、次の休みの時、1日がかりでやってみようかと思います。

 

 

寒い季節の衣替えポイント(20代後半女性、富山県)

 

秋の風が吹いてきて、気温が一気に下がりました。つい最近まで半袖、短パンで過ごしていましたが、そろそろ寒くなってきました。こう感じたときが、衣替えの準備を始めるタイミングです。

 

仕事では制服なので、ストッキングからタイツに変えるくらいで大きな変化はありません。しかし、私服だと暑い日もあれば寒い日もあるので、一番服を選ぶのに迷う季節です。朝が暑くても、夜になると寒い場合があるので注意しないといけません。

 

私は秋物を少ししか持っていなかったため、夏物の上に上着を着たり、半袖ワンピースの下に長袖を着たりしていました。私のように秋物が少ない人でも、カーディガンを薄手と厚手両方持っていると、気温によって使い分けができるので結構使えます。暑くなればすぐ脱げるので、温度調整を自分でできます。

 

秋色は落ち着いた色が多いので、黒や茶色の服をインナーで用意しておくと着回しできます。

 

立山連峰の冬景色

 

私の地元は雪が多く降り、秋から冬にかけては特に寒くなります。雪が降るくらいになると、セーターを着て防寒しています。また、コートは雪で濡れてもいいような素材を選びます。

 

短いコートも可愛くて好きですが、やはり2月くらいまで使うとなるとロングコートの方がいいと思います。長い方が足元まであたたかく、もし凍った道で転んでも衝撃を抑えてくれます。

 

これからの衣替えは気温によって選ぶ服も変わりますが、上手に組み合わせをすることでお洒落なコーディネートをしていきたいです。

 

 

やっと終わった衣替え(20代前半女性、東京都)

 

気温もだんだんと低くなってきたので、そろそろ衣替えをする季節かな、と思っています。私はファッションにとても興味を持っていて、頻繁に新しい服を買うので、衣替えにはかなり時間がかかるし、大変なのです。

 

この時期に古い服を捨てないとクローゼットがパンパンになってしまうので、必ず最低でも20着は衣替えの時に捨てることにしています。

 

洋服で溢れるクローゼット

 

早速クローゼットを開けてみると、案の定、服で溢れかえっていました。たくさん服を買っても、頻繁に着るのはごく一部なので、それ以外の服はすべてタンスの肥やしのようになってしまっています。

 

中には、こんな服いつ買ったんだろう、と自分で疑問になってしまうような服もありました。そういう服は一度も来ていないので、だいたいタグもついたままです。もったいないな、と思いながらも、このままとっておいても絶対に着ないと思うので、捨ててしまいます。

 

本当は古着屋さんなどに不要になった服を持っていくのが良いのかもしれませんが、その手間が面倒なので一度も持って行ったことがありません。量も相当多いですし、持っていくのはかなり大変だと思います。

 

夏物は生地は薄いからしまうのがとても楽ですね。冬物を圧縮袋に入れてしまい、夏物を出したら、クローゼットもかなりスッキリしたように見えます。もちろん不要な服はすべて捨てました。結局今回の衣替えには丸3日もかかり、体力的にかなり疲れましたが、何とか終えることが出来たので良かったです。

 

 

我が家の衣替え(40代前半女性、兵庫県)

 

我が家の衣替えは、ちょうど9月に入ってすぐにしました。

 

我が家では、春夏物を一つに秋冬物を一つの入れ物に一人づつ分けて収納しています。まだ、夏物も着るので完璧には衣替え出来ていませんが、春夏物をほとんどしまいました。無印良品の入れ物に洋服を畳み、入れたら虫除けを入れてタンスの中にしまいます。

 

収納ボックスに入れた子供の洋服

 

子供達がわが家は3人いるので、何かとかさばりだしました。なので、衣替えの度にお兄ちゃんの切られなくなって服や、破れてしまった服は、処分や、弟の入れ物に移動させたりします。長女も、女の子なので、何かと洋服を買いますので小さくなった服は、譲ったりします。これを、しておかないと来年収納するときに苦労してしまいます。

 

主人は、ほとんど洋服を持たない人なので汚れたりほつれたりしていないか、確認してしまいます。私の洋服は、毎年何かとトレンドの物を買ったりしてしまうため、一番多くなってしまいます。ですので、終うときにいらない服は、なるべく処分していくようにしています。

 

昔から捨てるのが苦手だった私ですが、すむ場所が、マンションだった為に必要に迫られて捨てることが、身に付いて行きました。今では、衣替えの度に古くなったり着なくなった服は、積極的に手放すようにしています。

 

子供達にも、同じように教えて行こうと思っています。やはり、いらないものは、着ないので思いきって捨てたり手放すようにすることを大切にしたいです。私の衣替えは、こんな感じです。

 

 

今年は3秒ルールで衣替えを!(40代前半女性、千葉県)

 

残暑がほとんどなく、いつの間にやら秋になってしまった感じの今日この頃。
今年はちょっと早めに衣替えをしたほうがいいかも、と思いつつなかなか腰が上がりません。結構面倒くさいんですよね、衣替えって。

 

うちはウォークインクローゼットなどという洒落たものはないので、押し入れの奥から衣装ケースを引っ張り出さなくてはいけないのでなおさらです。

 

片付かない押し入れ

 

みっちり物が詰まった押し入れ開けただけでどっと疲れが…。しかもうちの場合、主人が神経質なため、肌着やシャツなど直接肌に触れるのもは、洗って収納しておいたものでも再度洗い直ししてから出さなくてはいけないので、衣替えだけで一日が終わってしまう感じです。

 

そして出すのも手間ならしまうのだって一苦労。いやむしろしまう方が大変かもしれません。というのも私はなかなか服が捨てられないタイプ。着ないだろうと思いつつも「高かったし」「思い入れのあるものだし」とついついしまってしまうのです。自分のものはもちろん、子供の服も。

 

現在子供は小学3年生ですが赤ちゃん時代、幼児時代の服が衣装ケース1箱分はありますから。そんな私ですが今年は収納のプロが提案する「3秒ルールで衣類処分」にチャレンジしようと考えています。これは洋服を手に取って着る、着ないを判断するというもの。3秒に区切るのは長く考えていると人は“処分しない理由”を考えてしまうからだとか。なるほど、納得です。

 

子供に時間を計ってもらいながらやればゲーム感覚で楽しそうですよね。ちなみに瞬時に判断できない場合は保留ボックスに入れるのもOKだそうですが、私はあえて保留ボックス抜きでやろうと思っています。頑張る母の姿を見て、わが子も使っていないおもちゃを思い切って処分してくれる気になってくれるといいな〜。

 

 

衣替えを手早く終わらせるにはこれしかない。(40代後半女性、茨城県)

 

次のシーズンの服が入った衣装ケースを押し入れから引っ張り出すと、衣替えの気配を察知して、必ずわらわらと家族が集まってきます。
片づけるはずの服を一枚一枚広げながら、その服にまつわる思い出話に花が咲き、一向にはかどりません。

 

来年はもう着られないかな、とより分けた分も、まだ着られる、思い出がある、もったいない、いつか着ると、結局ほとんどが元の衣装ケースに仕舞われることに。そのくせ今シーズン一度も着なかった服が結構あってすごく損した気分です。ちっとも片付かないうえに「あの時のあの服まだあるよね」と、古い段ボールまで引っ張り出してきて収集がつかなくなります。

 

赤ちゃんの頃のおくるみ、ベビードレス、ファーストシューズ、ハロウィンで着たかぼちゃの仮装、幼稚園の制服。そのうちアルバムまで持ち出してきて、こうなったらもう衣替えどころではありません。諦めて懐かしいエピソードの披露合戦です。小さくなった古い服を見ていると懐かしさと幸福感で胸が締め付けられるようです。

 

子どもの小さい頃のアルバム

 

思い出に捕まってしまって涙線まで緩んでしまい、子どもたちは「ママ、どうして泣いているの?」と不思議そうに首を傾げます。年に二回毎年これを繰り返していましたが、今年からは決めました。みんなが出かけている隙にさっさと終わらせてしまうこと。衣替えをスムーズに終わらせるにはこの方法しかありません。

 

二年着ない服は捨てると何かで聞いたことがありますが、どうしても捨てられない服ってありますよね。一人でやってもやっぱり大半は衣装ケースに舞い戻りましたが、子どもの成長の記憶にどっぷりはまり込むことはなくなりました。それだけでも時間短縮になって良かったかな。

 

 

衣替えをしながら服を断捨離しました(40代前半女性、岐阜県)

 

季節の変わり目になると我が家では、休日に家族全員で衣替えをしています。

 

以前は、私一人でやっていたのですが、みんなでやった方が早く終わるし、自分で服を選ぶ時にも取り出しやすい位置に配置もできるというメリットもあります。押し入れにある、各々の衣装ケースを引き出して衣替えをしていきます。

 

私はいつもやっていることなので手早くできるのですが、主人と子供たちは「あ〜こんな服があったんだ」と思い出に浸りながらやっているのでなかなか進みません。
収納ケースの中にあった思い出の子供服

 

衣替えをする時に一緒にやっているのが「服の断捨離」です。いらなくなった服を処分するようにしています。

 

そうすることで、今、ある服を把握することもできるし、不要な服を処分することでスペースが空き、タンスの中も衣装ケースの中も、いつも一定量を保つことができています。

 

新しい服を購入するときにっも、「お家に似たようなものがあったな」と一度考え直すこともできます。

 

年齢的に、購入する服は「量よりも質」を重要視するようになりました。
40歳を過ぎたころから、数少ないアイテムで同じ着こなしでも、品質が良いものを着た方が素敵に見えるのです。

 

断捨離の目安は、汚れているものや一、二年は袖を通していないものです。セールでお値打ちで購入したものでも、高かったものでも、来ていないものは宝の持ち腐れです。思い切って処分して心もすっきりさせるのがおすすめです。

 

いらなくなった服は、近所のリサイクルショップに持ち込むか、古着を扱うリサイクルボックスの中に捨てることにしています。

 

 

衣替えは、昔ながらの押入れを使いやすくするのがカギ(40代後半女性、群馬県)

 

私の家は築40年以上の古い家。だからなのか、オシャレではありませんが収納には長けている家なのです。現に私の部屋は6畳間ですが、2方向に押入れが存在します。

 

古い家の押し入れ

 

この押入れには以前は不要な布団などを押し込んでいましたが、現在はクローゼットとして使っています。それ故に、衣替えが非常にスムーズです。プチ改造を行ったのですが、大工さんに太いパイプを押入れの中に通してもらいました。

 

一方はオフシーズンの洋服を。そしてもう一方にオンシーズンの洋服を収納できるようになっています。また、全ての洋服はTシャツなども含めて、全てハンガーに掛けておくようにしているのです。

 

この収納方法の良いところは、オフシーズン中にしまっておく場合にも引出しやボックスるに入れておくわけではないので洋服がシワになりません。そして、必要に応じてハンガーを掛ける位置を変えるだけという簡単衣替え。双方の押入れを開けっ放しにして、あれをこっちに、これはあっちにと移動させるだけ。終われば、押入れのふすまを締めて終了という簡単手順です。

 

この方法にしてからは、オフシーズンの収納毎に虫除け剤を入れる手間が少なくなりました。ハンガーに掛けるタイプをひっかけるだけです。終わったサインも見やすくて、うっかりすることがなくなりました。

 

部屋着などの普段使いのものを掛ける一角もあり、これだけは押入れの外に出しています。この収納方法はスペースさえ許せば、絶対におススメの方法で、衣替えをいつするかと時間を捻出する必要もないくらいです。

 

 

衣替え時期は洋服断捨離のチャンス!【衣替え&収納のコツ】 TOPへ